サッカーインフル

海外の反応を中心に、世界中のサポーターのサッカー熱、感動を熱いうちにお届けするブログです。

モイーズ監督、先制直後の失点を悔やむ「学生の頃に教わるもの」 マンUはCL準々決勝敗退


Category: 香川真司  Tags: ---
デイビッド・モイーズ監督 試合後インタビュー(SKY)


moyes1404101.jpg


ゴールしたあと直ぐに失点するなというのは学生のときに教わる。我々はあまりに早く失点しすぎた。

こういう試合はいつも難しい夜になるが、先制ゴールを奪ったあと、5分から10分でも相手にボールが渡らぬよう仕向けなければならなかった。しかし試合再開後、相手はそのまま最終ラインに進みゴールを奪っていった。

これがちょっとした集中力の問題なのかはわからない。でも今夜の我々には、相手にそうさせてはいけないと理解するだけの十分な経験があった。

我々は相手のプレーを困難にさせた。戦術として可能な限り相手のプレーを窒息させようとしていた。長い時間やれていたと思うが、ゴールした直後に失点しまっては、それが難しくなる。

我々はそこまで大量のミスは犯していない。選手たちはずっと上手くやっていた。彼らのパフォーマンスには本当に満足している。しかし2~3の小さなミスが最後の結果を決めた。

我々が(力量差で)試合から弾き出されているとは決して思わなかった。チャンスがあると常に感じていた。(2失点目で)2-1になったときも、あと一つゴールを決めればいいだけだった。3失点目で止めを刺されたが、あのゴールは少し運が悪かったと思う。

バイエルンは本当にいいチームでその力を示した。
彼らには異なるポジション・異なるやり方を複数こなせる選手たちがいる。しかし我々もやるべきことをやったと思う。

我々はチャンピオンズリーグのサッカーを手に入れられなかった。そういう風に見えるが、遥か遠くのものでないことを願う。再建への道程が1年程度であることを願う。

我々の今後の目標は、この大会に戻って来られるチームを作り上げること。この大会は最高の大会で、我々は本当に楽しむことができた。バイエルンと戦い準々決勝で敗退するのは恥ではない。彼らはいいチームだから。
[それが我々の現在持つクオリティを示している。](*)


- ルーニーを先発させた判断について


ルーニーには一週間まるごとプレーできない不安があった。そして注射を受けた。今夜も時折ボールを蹴ることに苦労していたが、(それでもプレーさせたほど)我々にとって不可欠な選手なんだ。



*注釈部分はESPNの書き起こしミスじゃないかと思っています。
僅かに表現を変えると
「それが(今後)我々が手に入れなければならないクオリティを示している」になるんですが、そっちのほうが自然になるような・・

(モイーズ監督のスコットランド訛りは聞き取り辛く、文法に癖があり、ちょくちょく言葉足らずで補完が必要。そんなわけで現地メディアのコメント書き起こしも細かいところで所々内容がばらけています。)


http://espnfc.com/news/story/_/id/1780620?&cc=4716
FC2 Management

細貝萌 「人はいつでも成長できると信じている」 公式インタビュー


Category: 細貝萌  Tags: 細貝萌  ヘルタ・ベルリン  
 31日、ヘルタ公式ドイツ語版に日本代表MF細貝萌選手のインタビューが掲載されました。

 兄の背中を追ってサッカーを始めた子供時代、「人はいつでも成長できる」と自分の不得手を乗り越えようとする姿勢、ルフカイ監督への感謝。サッカーファンだけでなく全ての戦っている人に読んで貰いたい内容です。

hosogai1403301.jpg

【海外の反応】 長澤和輝がケルンの攻撃を牽引し1860ミュンヘン戦勝利に貢献 交代時スタオベ!(長澤記事)


Category: 長澤和輝  Tags: 長澤和輝  大迫勇也  エフツェー  ケルン  1860ミュンヘン  レーヴェン  
nagasawa1403301.jpg


大迫3戦連続不発…長澤は“アシスト未遂”も日本人対決制す

[3.30 ブンデスリーガ2部第28節 1860ミュンヘン0-1ケルン]

 ブンデスリーガ2部は30日、第28節を行い、FW大迫勇也の所属する9位1860ミュンヘンはホームでMF長澤和輝の所属する首位ケルンと対戦し、0-1で敗れた。大迫は1トップ、長澤は左MFでそろってフル出場。大迫は3試合連続の無得点に終わり、チームも2試合ぶりの黒星を喫した。

ゲキサカ

【海外の反応】 本田圭佑、カカの300試合記念弾をアシスト 決定機逃しセリエ初ゴールはお預け


Category: 本田圭佑  Tags: 本田圭佑  ACミラン  キエーヴォ  
honda1403302.jpg

イタリア セリエA 第31節

ACミラン 3-0 ACキエーヴォ

1-0 マリオ・バロテッリ (前半4分)
2-0 カカ (前半27分) 本田アシスト
3-0 カカ (後半9分)

キエーヴォのシリル・テローがPK失敗 (後45+1分)


*追記あり: セードルフ監督、ガッリアーニCEOの試合後コメントまとめ

成り上がり! 大卒ブンデスリーガー長澤和輝が独2部首位ケルンでレギュラー争いに食い込む 連戦高評価


Category: 長澤和輝  Tags: 長澤和輝  ケルン  アーレン  カールスルーエ  
今冬、専修大学からブンデスリーガ2部FCケルンへ移籍した長澤和輝選手。大学サッカーから直接海外に挑戦した選手として話題を呼びました。
その長澤和輝選手がいま自らの力で大きなチャンスを掴もうとしています。

nagasawa_kazuki1403281.jpg

26節のアーレン戦で6試合ぶりに右MFとして途中出場(55分)すると、積極的にボールを集め(35分で52回!)、得意のパス回しで停滞していた攻撃の歯車を動かす。すると27節カールスルーエ戦で先発に抜擢され2-0の勝利に貢献。 2戦連続でファン採点1位を獲得し、「日曜日の1860ミュンヘン戦で長澤を外すのは難しい」と指揮官に言わしめるほど高い評価を得ました。


大学サッカーで実績を残してはいてもドイツでの評価は未知数、ケルンファンにとって謎の新加入選手だった長澤選手が、一気に名を上げた2試合。
その流れをまとめました。
 
最新コメント
 
 
アクセスカウンター
counter
 
 

Archive RSS Login